北条高校日記

3年次生「総合研究」全体発表会

12月13日(金)

3年次生の「総合研究」全体発表会が聖カタリナ大学の聖カタリナホールにて開催されました。それぞれの教科の代表生徒が、自分が決めたテーマの研究内容の発表を行いました。実際の動きを実演したり、学校とライブ中継を行ったり、制作作品の披露など、様々な工夫を凝らした素晴らしい発表でした。発表者の皆さん、お疲れ様でした。

3年次生 「総合研究」全体発表リハーサル

12月12日(木)

3年次による「総合研究」全体発表会のリハーサルが聖カタリナ大学の聖カタリナホールで行われました。発表資料や制作物の展示・準備、翌日の発表本番に向けてのリハーサルをしました。この1年間行ってきた「総合研究」の集大成です。素晴らしい発表を期待しています。

書道・美術教員作品展

12月12日(木)

愛媛県立美術館南館で、愛媛県高等学校書道教員書作展、愛媛県高等学校美術教員作品展が、それぞれ開催されています。本校からも書道と美術の4名の教員が作品を出品しています。

芸術教育に力を注ぐと同時に、制作を通して表現力や専門性を高めようと研鑽を続ける先生方の力作がずらりと展示されています。会期は今月15日(日)までです。ぜひ、ご来場ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産業社会と人間 「キャリア教育」に関わる講演会

12月11日(水)

今日の「産業社会と人間」の時間は、河原電子ビジネス専門学校の清原隆行様を講師にお招きし、キャリア教育に関わる講演会が行われました。

多くの生徒達が興味を持っているゲーム制作等に関わる職種について、ご自身の経験をもとに挫折から学んだことを交えながら、進路選択に向けて高校時代に頑張るべきことを教えて頂きました。

高校時代には「この教科は何の役に立つのだろう」と思っていた教科が、将来の自分の仕事に大きく関わる教科だったという話や、高校時代に苦手だった教科を大人になった今も学び続けているというお話が、大変印象的でした。

最後に、本校の卒業生が制作したゲームを見せて頂きました。活躍されている先輩の姿や、講演内容に刺激を受けて、生徒達は、「進路実現に向けて、もっと勉強を頑張りたい」と気持ちを引き締めていました。

清原先生、ご講演、ありがとうございました。

藤棚の下でお弁当

12月11日(水)

生徒が楽しみにしている昼食の時間。第2教棟と第3教棟の間にある藤棚の下で、楽しそうにお弁当を食べていました。曇り空で、少し寒いけれど、生徒にとっては関係なく楽しい時間のようでした。