北条高校日記

センター試験受験者激励会

1月17日(金)

センター試験受験者の激励会が行われました。校長先生から「Iの力を伸ばし、Weの世界を広げよう」を目標に身に着けた力であるIの力を出し切り、ムシの目で隅々まで見て、トリの目で高いところから自分自身を見つめて冷静に落ち着いて、最後まで諦めず頑張ってくださいと激励の言葉をいただきました。3年次主任の先生やキャリア教育課主任の先生からも激励の言葉をいただき、生徒は、決意を新たにしていました。健闘を祈ります!!体調に気を付けてガンバレ!!

 

 

 

1・2年次生 ホームルーム活動

1月16日(木)

1年次生は、クラス単位でテーマを決め、ホームルーム活動を実施しました。あるクラスでは、将来、自分が一人で暮らすためにはどのような費用がどのくらい必要かをタブレットを用いて考えていました。2年次生は、2月に実施するインターンシップに向け、インターンシップ先別に分かれて準備を進めていました。どの活動も将来に向けての一歩でした。

3年次生 年金セミナー

1月16日(木)

3年次生全員を対象に、松山東年金事務所から講師の方を招き、年金制度の意義や仕組みについてご講話いただきました。公的年金が果たす役割や重要性について学ぶことができました。近い将来、被保険者となるということもあり、講師の先生の話を熱心に聴いていました。

福祉生徒体験発表 四国地区最優秀賞受賞

全国福祉高等学校長協会生徒体験発表 四国地区最優秀賞(第1位)に、生活福祉系列・3年次今岡優衣さんが選ばれました。祖母の介護を通して学んだこと、感じたことを書いています。

2・3年次の生活福祉系列の生徒は、この作文を読み「私たちの勉強していることはとても重要で、もっと勉強して利用者さんや家族の支えになるような介護福祉士になりたいと思った」「対応の仕方一つで相手の気持ちは変わるんだと感じた」「福祉を学び理解し伝えることで、家族が一つになっていったように感じた」と述べていました。

みなさんも、ぜひ読んでみてください。

 生徒体験発表.pdf

3年次生 性教育講話

1月9日(木)

3年次生を対象に、ほこいし医院院長の鉾石文彦先生に性教育講話をしていただきました。性感染症の実態と感染に対する誤解や偏見の解消など、健全な社会生活を送ることの大切さを学びました。生徒たちは講師の先生の話を熱心に聴いていました。卒業後も学んだことを生かして欲しいと思います。