北条高校日記

人権委員 松山ろう学校との交流体験学習

今日の午後、人権委員10名と有志4名の計14名で松山礱学校を訪れ、交流体験学習を行いました。

まずは、手話で自己紹介を行い、続いて「四季の歌」を手話コーラスで披露しました。6月の手話講座から何度も練習していたので、緊張しながらも上手に手話で自己紹介と手話コーラスをすることができました。

その後、礱学校の生徒さんが、校内を案内してくださいました。礱学校ならではの配慮や工夫を聞きながら、クイズもあって、楽しい見学になりました。

最後は、手話やホワイトボードの筆談を使って、歓談をしました。楽しい時間はあっという間で、まだまだ話し足りない、もっと話していたいと感じました。

礱学校の生徒さんにとても温かく迎えていただき、本当に楽しく充実した交流になりました。昨日の松山盲学校との交流体験学習と今日の松山礱学校との交流体験学習の様子は、3学期に発行する人権委員会だよりで詳しく紹介ます。楽しみにしていてください。

家庭クラブ ボランティア活動

 

 本日家庭クラブ員の有志12名で、近隣の福祉施設を訪問しました。今回は、施設で利用されているガーゼをカットし、使いやすい大きさに折りたたんでいく作業の手伝いを行いました。また、2年次の「子どもの発達と保育」の授業で製作した壁面画をお渡ししました。昨年度の作品も壁に掲示していただいており、生徒も喜んでいました。

「福祉」卒業生からの講話

 就職することに不安のある福祉3年次生と実習が終わった2年次生計14名に対し、卒業生の兵頭さんと渡辺さんに介護の仕事のやりがいや奥深さを語っていただきました。一般の方にも若い介護職が誇りをもって仕事をしていることとを知っていただけたらという思いで、新聞社の方にも取材いただきました。明後日以降の愛媛新聞に掲載される予定です。

県高等学校なぎなた新人大会

12月5日(日)、北条体育館にて、県高等学校なぎなた新人大会が開催されました。結果は、団体2位、個人3位(千原さん)でした。写真は、本番前の練習の様子です。次の試合に向けて、頑張ってください。Fight!!
  

人権委員 松山盲学校との交流体験学習会

今日の午後、人権委員11名と有志1名の計12名で松山盲学校を訪れ、交流体験学習会を行いました。まずは、6月から実施した点字講座で作成した名刺を持参し、一人一人と自己紹介交流をしました。

その後、3つのグループに分かれて、視覚に障がいがある方に適した情報機器の使い方を教えてもらったり、リレー形式で点字を打ってみんなで言葉を作っていく点字ゲームをしたり、ガイドヘルプ体験として、目が見えない方をサポートさせていただく側と、サポートしてもらう側を体験をさせてもらいました。

最後は、音が鳴る玉を転がして行う、サウンドテーブルテニスをして交流しました。楽しい時間はあっという間に過ぎて、とても充実した交流会になりました。体験してみて初めて分かることもたくさんあります。今日の体験で感じたことを周りの人達にも伝えて、今後の学校生活に生かしていきましょう。